ios 10.1

おはようございます!

日本時間の10月25日に

AppleからiOS10.1のアップデート配信が

ついにスタートしました!

待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

iPhone7の一番の魅力は

Suica(スイカ)やクレジットカードなどを

iPhone(アイフォン)をかざすだけで使用できる

お財布ケータイに対応したことでしたが

これまでのバージョンのiOSでは

まだSuicaなどを使うことはできませんでした。

それが今回のiOS10.1へのアップデートで

Apple Pay(アップルペイ)がそれらに対応して

ついにスイカを使用可能になります^^

Apple Watch(アップルウォッチ)のOSの

アップデートも配信されていて

今日からiPhoneやApple Watchを

改札にかざす人が増えそうですね。

私はiPhone6Sで

そもそもおサイフケータイに

対応していないので

Apple Watchを買おうか悩んでます。

時計を改札にタッチして入場するなんて

カッコ良くないですか?

あれ、ださい?笑

好みは分かれるところだと思いますが

今回はiPhoneでのSuicaやクレジットカードの

登録方法、使用方法についてお伝えしていきます♪

SPONSORED LINK

Apple PayへのSuica登録方法

iPhoneへのSuica登録は

非常に簡単です!

その方法はなんと

「iPhoneをSuicaの上に乗せるだけ」

です。

え、聞こえませんでした?

「iPhoneをSuicaの上に乗せるだけ」

です!

簡単すぎて感動したので2回言ってみました笑

suica

ユーザーのことをしっかり考えた設計ですね。

国内商品もユーザービリティをもっと考えて欲しいです。

なお、読み取った後のSuicaカードは

使用不可能になります。

 

また、クレジットカードの登録ですが

さすがにSuicaのように乗せるだけとはいかず

アプリ「wallet」を起動して

カードをカメラで撮影することで登録します。

 

Suica(スイカ)の使い方は?

ここからはiPhoneに登録したSuicaで

どのように改札を通るのかをお伝えします。

iPhoneに登録したスイカは

他のお財布ケータイと同様に

タッチするだけで改札を抜けることができます。

ただし、タッチの仕方が

他のものと違い少しコツがあります。

他のお財布ケータイでは

背面をぴったり改札機のタッチ部分に

当てていたと思いますが

iPhoneの場合は背面ではなく

上部をタッチ部分に近づけます。

suica

改札がなかなか認識してくれないという場合は

この方法を試してみてくださいね^^

 

クレジットカードの場合は

セキュリティの問題があるので

Suicaのようにタッチだけというわけにはいかず

毎回touch IDでの指紋認証が必要になります。

手間に感じるかもしれませんが

不正使用のリスクを考えると

必要な機能だと思いますね。

 

iOS10.1の不具合は?

ここまでお伝えしてきて

早くアップデートしたい!と

思っている方も多いと思いますが

気になるのはiOS10.1に

不具合(バグ)があるかどうかではないでしょうか。

調べてみましたが

不具合に関する情報は

今のところ見つかりませんでした。

ただ、これまでバグとしてあった

assistive touchを利用して

カメラのシャッター音を消す技が

今回のアップデートで無くなりました。

各地で悲しむ声が多数上がっているようですね(笑)

盗撮防止の目的でシャッター音が

入っているのだと思いますが

静かな場所での撮影や

スクリーンショット撮影の際は

シャッター音がなければいいのにと思いことがあります。

これが今回修正されてしまったので

残念ではありますね。

 

今回はiOS10.1での

Suicaの登録方法や使い方についてお伝えしました!

友達のSuicaにあやまってiPhoneを乗せないように

気をつけてくださいね♪笑


SPONSORED LINK

こちらもオススメ