絶火

2月18日発売号の週刊文春に

これまで公になっていなかった

元少年Aの素顔と住所が掲載される予定のようです。

SPONSORED LINK


 

少年Aとは

1997年に2名の死者、3名の重軽傷者を出した

神戸連続児童殺傷事件(別名「酒鬼薔薇聖斗事件」)の

犯人とされる人物です。

当時14歳ということもあり

メディアで大きな話題となりました。

最近ではHPの開設や有料メルマガの配信、

手記「絶歌」の出版が物議をかもしました。

 

今回の週間文春のスクープ情報を受け

ネット上では様々な声が出ています。

「ありがとう、文春!」

「センテンススプリングがまたやってくれた」

「素人を晒すのってどうなの?」

「遺族はこういうことを望んでいるんだろうか」

 

私の個人的な感想としては

もっと重要な事柄がある中で

こういったゴシップが

話題の中心になってしまうことに対して

本当にこれで良いのか?という思いがあります。

おそらくこういった記事を掲載すると売れる

つまり読者が求めているということなので、

経済や仕事に関する情報よりも

今の暇をつぶすゴシップを

求めている人が多数派ということですよね。

 

今回の件、あなたはどのように思いますか?


SPONSORED LINK

こちらもオススメ