梅津弥英子

今回は朝の顔である梅津弥英子アナについて

その生い立ちや性格、気になるカップや美脚の情報、

嫌われエピソードをお伝えします♪

SPONSORED LINK

梅津弥英子の生い立ち

梅津弥英子(ウメズヤエコ)

(本名:出口弥英子 デグチヤエコ)

1978年1月30日生まれ

東京都目黒区出身。

田園調布隻葉中学校・高等学校、青山学院大学文学部仏文化卒業。

 

中学時代はソフトボール部に所属しており

ポジションはファーストを守っていました。

社会人草野球チーム(めざ天MIX)では

2001年度にキャプテンになっています。

ちなみに当時、ヤクルトスワローズの古田敦也選手の

追っかけをしていたという経歴をもっています。

 

大学在学中にミス青山学院になっていますね。

なんと準ミスは同期のあの滝川クリステルです。

ミス青学の最終審査はまさかのウェディングドレスで、

水着ではなかったようです。

きっと水着なら、胸がでかい滝川クリステルが優勝したでしょうね。

 

青山学院時代に梅津弥英子アナは

(高石百合子)(光石弥栄子)という芸名で、

キャスター事務所であるセントフォースに所属していました。

その頃の出演番組は、フジテレビのスーパーナイトで

お天気お姉さん役となって活躍していました。

梅津アナ本人の話によれば、自分の名前、

特に「弥英子」が嫌で別の芸名を使っていたらしいです。

 

梅津アナの同期アナウンサー

2000年にフジテレビ入社しています。

同期のアナウンサーは、

子会社である共同テレビ入社を含めて以下の5人です。

千野志摩(2005年12月退社)
政井マヤ(2007年9月退社)
相川梨絵(元セントフォース所属。2012年3月引退)
安藤幸代(元ハーモニープロモーション所属、現セントフォース所属)
滝川クリステル(現フォックス所属)

地上デジタル放送推進プロジェクトの際には、

初代フジテレビ代表としてイベント等参加経験があります。

 

梅津アナの性格診断

現在は、朝の情報番組(特ダネ)に毎朝出演しています。

しかし毎朝テレビを見るたびに、

顔の作りが違う気がするのは私だけでしょうか!?

梅津弥英子

基本的にボーっとしているのが印象的で

きっと隙がたくさんあるのでしょう。

入社1年目の時すぽるとを担当していた際に、

当時の番組プロデューサーに

梅津アナの貧乳を揉みまくられていたらしいです。

その際プロデューサーは、皆がいるのにも関わらず本人の前で

「胸ないな!」と叫ぶ光景がよく見られたそうな!

いつもボーっとしているから隙がでて、

エロ親父に狙われる性格の持ち主なのでしょう。

 

スポーツ女子ということもあり、

プライベートは肉食なのかもしれませんね。

過去の恋愛関係は、2004年1月にサントリーラグビー部の

瓜生靖治選手との熱愛発覚しています。

瓜生靖治

イケメンマッチョに貧乳を揉まれ喜んでいたのでしょうが、

乳が小さすぎて破局したのかもしれませんね。

 

その1年後2005年2月4日に

フジテレビのバラエティー制作センターディレクターの出口敬生氏と結婚。

これがなんと、交際わずか2か月のスピード婚!

さすが肉食です。

 

きっかけは2003年10月から1年間、笑っていいともを

お互いが担当したことで意気投合し付き合い始めました。

12月に付き合って翌年2月に結婚。

もっと驚くのが、できちゃった婚!

細い体からでは想像がつかない程の肉食女子ですね。

 

梅津アナは貧乳??それとも

梅津アナはAカップ!!

子供を産んでからはCカップまで大きくなったみたいです。

でも今は、テレビで見ても相当貧乳です。

梅津弥英子

梅津弥英子

昔、笑っていいともに出演していた時は、タレント2人と梅津アナの3人で、

Aカッパーズというユニットを冗談で組まされていました。

肉食女子はおっぱいの大きい人のイメージが大きかったのですが、

小さくても肉食の人はいるんですね。

 

梅津アナ 実は美脚

梅津アナは昔ソフトボールを習っていました。

普通、スポーツを習っていた女性は、

下半身がしっかりしているイメージがあります。

が、梅津アナは、足長で、美脚の持ち主だと思います。

梅津弥英子

今の世代で同じソフトボール女子で

活躍している美脚タレントに、ダレノカレノ明美がいます。

でも彼女にも負けないくらい足長美脚、綺麗ですね。

梅津弥英子

梅津アナは子供が2人います。

2人の母親で、スタイルがよくて、

ママアナとして、毎朝早くから仕事をこなす。

胸が小さくてもこれだけスタイルが良ければ、

好感度も維持できて、テレビの仕事は減らないかもしれません。

ですが人生で一度彼女は大きな失敗をしました。

 

梅津アナを世間が嫌いになった

世間のイメージで梅津アナは嫌いなアナウンサーより、

好きなアナウンサーで評価が高いですが、

この時だけは嫌いになる人が沢山出ました。

 

それは2011年8月8日、34歳の若さで急逝した

サッカー元日本代表 松田直樹さんのお通夜が営まれた際、

FNNスーパーニュースを担当していた梅津アナが、

現場リポートしたときのことです。

 

中村俊輔がマスコミに向け、コメントする場面の途中に、

映像が切り替わり、梅津アナを映し出した瞬間、

マイクが入っていないとスタッフに言われ(入ってないの??うっそーん)

と笑顔でやり取りしている一瞬の映像が電波にのってしまったのです。

梅津弥英子

(きっとアナもスタッフも、軽口の飛び交う笑い声に溢れた

楽しい撮影現場だったんだろうね、若くして亡くなったお通夜の会場で)

(こいつら、カメラが回っていないところではこんなもんだろ)

 

自分も喪服を着ているのに、楽しそうにやり取りしている姿が

写ってしまってので、フジテレビに抗議殺到

この時はかなり好感度が下がりましたね。

天然なのか腹黒い性格なのか分かりませんが、

もう少し緊張感出して仕事に取り組んでもらいたいです。

 

今は、朝の情報番組特ダネで、小倉さんに鍛えてもらっているでしょうから

安心してテレビが観ることができます。

たまに小倉さんと意見が合わなくて、少しもめる所もありますが。

でも、2児のママなのに、凄くスタイルがよく、

朝早くから毎日仕事している梅津アナを応援します。


SPONSORED LINK

こちらもオススメ