Twitter上で先月半ばに

「80過ぎで一人暮らしをしている父が

PCデポに毎月1万5千円のサポート契約させられた。

解約したら10万円を支払わされた」

という投稿をレシートと共にして

5000回以上リツイートされ話題になりました。

 

これに対してPCデポの経営陣が

「現場が勝手にやっただけ。

こちらはノルマなど課していない」と

従業員の問題にしたことで

今回従業員側から

そのコメントへの反撃とも取れる

内部文書が公開されました。

それは「トウゼンカード」

呼ばれるものです。

今回はトウゼンカードについて

その内容を確認してみたいと思います。

SPONSORED LINK

トウゼンカードの内容と流出者

公開したのはTwitterアカウント「PCD-CLDF@PCD_CLDF」です。

以下のように画像と共に公開されています。

 

 

内容を見てみましょう。

1.会員様ご家族使用パソコンへのウイルス対策など 平日2台/土日3台

8.先設定 中古SSD換装先設定モデル〜 4台/日

これは明らかにノルマですよね?

トウゼンカードという名前からも明らかに思います。

現在は削除されているアルバイト募集要項には

「トウゼンカードの達成項目数が人事考課の大きな比重になる」

といった文章が書かれていたようです。

 

このTwitterアカウントは個人の特定防止に気をつけているということですが

今回の公表はかなり勇気のある行動だったと感じます。

おそらく他の人も公表したかったけど

それによって失う可能性があるものを考えると

怖くて実行できなかったのではないかと思います。

これから就職する方もいるでしょうし

他の会社も含め、透明性が高い経営をして欲しいなと個人的には思います。

 

本来会社と従業員はお互い協力する関係であるはずなのに

多くの人が「こんな会社〜」と愚痴りながら仕事してますよね。

一人一人の勇気がこの現状を変えるためには必要なのではないかと思います。

 

今回はトウゼンカード流出についてお伝えしました。

社会の根本的な問題の一端を見た気がしますね。


SPONSORED LINK

こちらもオススメ