リスグラシュー

本日9月10日開催の阪神2R、2歳未勝利で

2番人気だったリスグラシュー

1分46秒2という2歳レコードで4馬身差で勝利しました!

初戦とは違いスタートから好位で、

これまでの2歳レコードを0秒4縮める好タイムでした。

今回はリスグラシューについて、

騎手調教師・馬主の情報、血統の情報、

次走の情報をお伝えします♪

SPONSORED LINK

騎手は誰?

リスグラシューの現在の騎手は

栗東トレーニングセンター所属の中谷雄太さんです。

中谷雄太

中谷さんは2016年現在36歳、

1998年、19歳の時に騎手になり

18年のキャリアがあります。

今回のVについて中谷さんは

「走る馬とは思っていたが、想像以上だった。

まだまだ良くなるし、この先大きいところを狙える馬」

と語っています。

 

調教師や馬主、血統について

リスグラシューは2014年1月18日産まれで

調教師は栗東トレーニングセンター所属の矢作芳人さん

矢作芳人

馬主はキャロットファームです。

血統について、父馬はハーツクライ

母馬はリリサイドのようです。

 

次走の情報

現在のところリスグラシューの

次走に関する情報はありませんでした。

情報が入りましたら、またお伝えしますね!

 

ネット上の声

今回の初勝利を受けて

ネット上では様々な声が出ています。

ここでいくつかご紹介したいと思います。

「予想通りの勝利、この馬を知ってたらわかる」

「距離伸ばして正解。予想を裏切る圧勝だった。」

「さすが世界の中谷。ただ、今後変えられるかな・・・」

多かった意見としては、騎手が変わるのではないかということです。

良い馬だとわかったので、これは仕方ないことなのでしょうか。

 

今回はリスグラシューについてお伝えしました!

これからの期待できそうな競走馬なので

今後の活躍を見るのが楽しみですね♪


SPONSORED LINK

こちらもオススメ