ピン札

結婚式当日、

「あ、新札(ピン札)がない!」

と気づいて焦ることありますよね^^;

当日が土日祝日などの休日だったりすると

銀行や郵便局も空いておらず

どうやって手に入れるか悩んだことはないでしょうか?

今回は休日に新札を手に入れる方法

アイロンを使って自宅で簡単に作る方法をご紹介します♪

SPONSORED LINK

休日に新札が欲しい

休日でも新札を入手する方法はいくつかあります。

銀行の両替機を利用する

銀行のATMコーナーには両替機があるところがあります。

両替機に1万円を入れて1万円を選択すると

なんと新札で出てくるようです。

この用途以外で両替機を利用する目的がわかりません^^;

個人商店をやっている方などが使うんでしょうか。

この方法のデメリットは、すべてのATMコーナーに

両替機があるわけではないということです。

近くの銀行にあれば良いのですが

なければこうの方法は使えません。

ATMで入出金を繰り返す

これは両替機がないATMコーナーで

運に任せて入手する手段です^^;

私も以前この方法をやったことがありますが、

10万円引き出すと、1枚は新札に近いお札が入ってました。

入出金手数料がかからない銀行を利用しましょう。

結婚式場で交換してもらう

実は結婚式場の中には

新札に交換してくれるところがあります。

こういうニーズは確実にあるでしょうから

普段から準備しているのでしょう。

念のため電話をして確認したほうがいいですね。

 

アイロンでピン札にする方法

これまでの手段でもどうしても手に入らない。。。

こうなったいっそ自分でピン札にしちゃいましょう。

自宅でピン札を作る裏技があります。

シワシワのお札は普通にアイロンをかけても

ピン札のようにはなりません。

霧吹きなどで濡らしても同様です。

ではどうするかというと

大根の絞り汁をお札に塗ってアイロンをかけます。

・・・疑ってますね?笑

納得していただくために理屈を説明すると

お札にアイロンをかけてもピン札のようにならないのは

お札の表面に塗られているデンプンが邪魔しているからです。

このデンプンは元々お札の強度を増すためのもので

シワを伸ばす際には邪魔になってしまうんですね。

大根の絞り汁を塗るとこのデンプンが柔らかくなり

アイロンをかけた時にデンプンが固まることで

パリッとピン札のようになるんです。

これでも分かりづらいかもしれませんので動画でご覧ください!


この方法であればピン札がない時でもなんとかなりますね^^

大根がない場合は、買ってくるよりも

銀行に行ったほうが早いかもしれませんが(笑)

 

今回は休日にピン札を手に入れる方法をご紹介しました♪

これで慌てることなく結婚式の準備に集中できますね^^


SPONSORED LINK

こちらもオススメ