サプリメント

大阪にある日本サプリメントが販売していた

特定保健用食品(トクホ)のサプリメント6点について

有効成分が基準を満たしていないとして

消費者庁によって特保の表示許可が取り消されました。

取り消しは制度開始後、初のようです。

今回は、特保の表示許可が取り消された理由

実際に取り消された商品の名前についてお伝えします!

SPONSORED LINK

そもそもトクホって?

トクホのマークを見たことはありますか?

特保

このマークは、健康を保つことに効果があることが

科学的に認められた食品について

消費者庁が表示許可を出しています。

例えば、以下のような効果がある食品です。

・お腹の調子を整える食品

・コレステロールが高めの方に適する食品

・体脂肪がつきにくい食品

私も以前、脂肪の燃焼を助けるという食品を

摂っていました。

それ以上に食べていて痩せなかったので

効果は未知数ですが(笑)

科学的な裏付けがある分

基本的にはトクホでない食品よりは

効果があるはずです。

 

取り消された理由と商品名について

今回の件以前にも、

トクホの基準に違反している例は過去にありました。

その一つは、ライオンが販売していたトマト酢飲料です。

その際は薬に頼らずとも血圧が下がるという

誇大表現が問題となりました。

このときは勧告のみで、取り消しとはなりませんでした。

 

今回取り消されることになってしまったのは

基準を満たしていなかったことだけではなく

それを2年間隠蔽していたことが理由のようです。

悪質と判断されたんでしょうね。

購入者は表示されたものを信じて買うしかないので

食品表示への信頼を低下させる今回の行為は

本当にやってはいけないことだと思います。

表示許可取り消しも納得です。

 

取り消された商品名について

今回表示許可を取り消された商品の名前を

ネット上で調べてみました。

分かったものは以下です。

・ペプチドエースつぶタイプ

・ペプチド茶

・ペプチドストレート

・ペプチドスープEX

・豆鼓エキスつぶタイプ

・食前茶

これまでサプリメントを購入されていた方は

一度チェックしてみてください。

 

今回はトクホ表示取り消しの情報をお伝えしました。

企業はぜひ信頼回復に努めてほしいと思います。


SPONSORED LINK

こちらもオススメ