ダイアログインザダーク

数年前から話題になっている

ダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)

気にはなっているけど

まだ行っていないという方も多いのではないでしょうか。

私は行ったことがありますが

確かに行くまでどんなことがあるんだろうと

不安になっていました(笑)

友人に誘われなければ

自分からは行かなかったかもしれません^^;

でも行ったら

他の場所では決してできない体験ができ

間違いなく行って良かったです。

今回は、気になるけど

なかなか第一歩が踏み出せない方の

後押しができるような内容にしたいと思います♪

SPONSORED LINK

DIALOG IN THE DARKとは

決して目が慣れることはない真っ暗闇の中で

様々な体験ができる場所です。

日本発祥ではなく

もともとは1988年にドイツの

アンドレアスハイネッケ博士が発案して

これまで世界30カ国以上で開催されています。

 

施設内では

視覚障害者の方が使っているような

杖を持って暗闇の中を歩きます。

数人のグループで行動するのですが

グループにはアテンドと呼ばれる

視覚障害者スタッフの方がついて

先導してくれます。

私が参加した際もサポートしていただきましたが

暗闇でも全て見えているんじゃないかというくらい

的確に参加者を先導されていました。

暗闇に最初は不安になりましたが

スタッフの方のおかげで安心して楽しむことができましたね。

出口付近では

真っ暗な中でおやつを食べて

食感や味をいつもより敏感に感じていたのを覚えています。

 

場所や料金について

ダイアログインザダークへのアクセスは

最寄り駅は外苑前駅で徒歩で約8分の距離です。

また、表参道駅原宿駅からは

約15分で行けます。

料金は大人が5,000円学生が3,500円です。

あらかじめ公式HPからオンラインで予約して現地に行きます。

 

参加者の感想や口コミ

Twitterから参加した方の感想をピックアップしてみます。


他にも様々な声がありますが

調べた限り全ての人が「行って良かった」と言ってます。

普段の生活では見逃しているけど

暗闇だからこそ感じられることがあるようです。

 

また、デートにもオススメです。

理由は、暗闇になって不安になった状況だからこそ見える

相手の本性がわかるからです(笑)

安定した状況では良い人でも

不安定になった状況では余裕がなくなることもあります。

そういったことも見える場所かなと思います。

 

どうです、行ってみたくなりましたか?

言葉だけでは伝わらず、体験して初めてわかることがあると思います。

ネット上の感想だけで判断するのではなく

ぜひ一度行ってみてくださいね^^


SPONSORED LINK

こちらもオススメ