ギャラクシーノート7

今月5日にサウスウエスト航空機内で

韓国のサムスン電子製のスマートフォンから発煙して

乗務員や乗客らが避難する出来事がありました。

このスマートフォンは

Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)の

発火問題によるリコールで交換されたスマホだったようで

サムソンのノート7以外の製品にも

同じような問題があるのではないかと

噂が出ています。

今回は発煙や発火の原因や

Samsungの他の商品の事故について

お伝えしていきます。

SPONSORED LINK

爆発の原因は?

調査した結果、

ギャラクシーノート7の発火、爆発の原因は

内蔵されているバッテリーにあったようです。

このバッテリーは関連会社である

Samsung SDIが製造していたもののようです。

なお、ノート7のバッテリーの70%がSamsung SDIですが

残りは中国のAmperex Technology Limited(ATL)が製造していて

こちらに関しては発火の問題が起きたという

報告はあがっていないようですね。

 

こういった製品を使う私たちは

無意識に製品が安全であることを前提にしているので

そこが揺らぐと、どんなに他の部分が良くても

使うことはないですよね。

そして一度失った信頼を取り戻すのは

これまで築いてきた過程よりも大変だと思います。

私は現在Apple製品を使っていますが

購入するときはギャラクシーにするかどうか迷いました。

ですが安全性に不安を感じる今

Samsung製品を購入することは私はないでしょうね。

 

他の商品は大丈夫?

今回の航空機内で煙が出た問題は

ノート7を交換した製品で起きたようです。

過去にも、リコールを受け交換したノート7で

充電器から抜いた1分後に本体から煙が出たという情報が

ソウルに住む方からあげられていました。

 

このように複数の端末で問題が起きると

ノート7の問題というより

もっと根本的な問題がありそうですね。

サムソンには原因を明確に特定して

商品の安全性を示して欲しいなと個人的には思います。

性能としては国内スマホより良いと思うんですよね^^;

 

今回はサムスン電子製品の発煙問題についてお伝えしました。

スマホやタブレットを新しくする際は

過去の情報を調べる癖をつけた方が良いかもしれません。


SPONSORED LINK

こちらもオススメ