DM200

ポメラDM200

2011年発売のポメラDM100から

約5年ぶりにキングジムより発売されます!

発売日は2016年10月21日です。

税抜きでの価格は49800円です。

今回はポメラDM200について

その機能や性能をDM100と比較しながら

ご紹介していきます。

SPONSORED LINK

ポメラとは

ポメラとはポケット・メモ・ライターの頭文字を取った

デジタルメモ専用端末です。

パソコンのようにインターネットを見たり

メールを見たりする機能を省き

ソフトウェアやハードウェアを極力シンプルにすることで

起動時間を短縮したり、バッテリー持続時間を長くしたりして

メモするという機能を極限まで高めています。

初代は2008年にDM10が発売されています。

そこから、DM20やDM100などが発売され

DM200は8代目になります。

 

DM200の性能レビュー

DM200になって最も変わった部分としては

やはり無線LAN(Wi-Fi)が搭載されたことでしょう。

これによりEvernoteなどのクラウドストレージと

同期できるようになっています。

Evernote以外のDropBoxなどのサービスと同期できるかどうかは

現時点での調査では確認できませんでした。

また「ポメラSync」という機能を使うことで

iPhoneやMacと相互に文章を編集できるようです(要Gmailアカウント)。

さらに無線LAN対応のプリンタにも出力できます!

私は自宅で無線LAN対応プリンタを使っていますが

ケーブルを引き回す必要がなく、とても使いやすいです。

オフィスなど複数の人が使うような環境なら尚更ですよね。

 

またDM100までは電池駆動でしたが

DM200は充電式リチウムイオンバッテリーにより動作します。

気になる連続使用時間は18時間なので

1日2時間使っても1週間以上もちますね。

使い勝手も上がりますよね^^

 

他の変更点としては

画面の大きさが5.7インチ(800×600)から

7インチ(1024×600)にアップしています。

iPad miniが7.9インチなので

それに近い大きさですね。

 

中古やケースについて

中古ですが、DM100のときは

1ヶ月経たないうちにAmazonに中古が出ていました。

コンディションも良く数千円は安かったので

少しでも安く買いたくて新品にこだわらないのであれば

そういったところを狙っていっても良いと思います。

税込5万円オーバーで

その辺のパソコンより高いですからね^^;

ケースですが現在のところ

以下の専用ケースのみ見つかりました。

なお本体とのセット購入の方がお得になっています。

 

今回はDM200についてお伝えしました!

使う人を選ぶと思いますが

ニーズが合う人は間違いなくいるでしょうね。


SPONSORED LINK

こちらもオススメ